Sunnyside
Official Blog

「サニーサイドインターナショナルスクール」の
オフィシャルブログです。
教育業界情報や当校の最新情報、幼稚園・小学校教育に対する想い、日々の生活や授業風景など、
様々なサニーサイド情報をブログで発信中!
是非定期的にチェックしてください。

ご無沙汰してしまいました

気がつけば、忙しさにかまけてひと月以上更新しませんでした・・・もう完全に諦められていると思いますが・・・申し訳ありませんでした。
そうそう、思い出した・・・7月は終盤ニュージーランドに行っていて、職員のワークショップが東京であったのに合わせて日本へ帰ってきたら、信じられないくらいの猛暑で「な、何だこの暑さは・・・」と冬の季節から帰ってきた僕は死にそうでしたが、今ではそれも忘れてしまうくらい涼しくなりましたね。

2学期も始まり、運動会ももうすぐにやってきます。あ、そうだ。新しい先生が二人増えました。これまではミントが年中の担当とPYPコーディネーターを掛け持ちでやっていたのですが、11月末の確認訪問に向けていよいよ大詰めとなり、私としてもちゃんと本来の業務に集中してもらう必要があると思ったのと、イアンも色々な仕事を頼んでいるので、とにかくクラスの活動がどの学年も安定するよう外国人の先生がほしくて採用することにしました。

一人はイーフィー先生で、なんか発音的には「ミッフィー」みたいなんですけど、シンガポール人の女の先生、聞いたところではそもそも日本へ興味を持つきっかけになったのがASKAの”Say Yes”という曲を聞いて感動したらしく(かわいそうに、裏切られました)、今時はシンガポールの方が平均年収は日本より上ですが、それでも日本の学校で働くのが夢だと言って来てくれました。
もう一人は、リザ先生ですが、フィリピンの先生です。みなさんご存知の通り、うちの園にはすでにシンデル先生というフィリピン人の先生がいます。リザさんはシンデルの昔からの大親友ということで、シンデルの言葉を頼りに採用しました。シンデルも、リザももともとフィリピンで学校の先生をやっていた人たちで、二人とも本当に素晴らしい先生です。この間も彼女たちと話していたのですが、やはり外国における「フィリピン」の印象は、ネガティブなものが多く、自分たちの努力でそのイメージを変えたい!という強い思いがあるとのことでした。
私の親友も一人、フィリピンで仕事をしています。(事業を行っています)その彼からもいつも聞くのですが、フィリピン人は実に良く働くし、優秀な人材がたくさんいるというのです。日本人はフィリピン人をバカにしすぎていると。
今回彼女たちを採用してそれは痛感しています。本当に素晴らしいです。さらにはイーフィー始め、他の外国人もここにきて本当に素晴らしいメンツが揃っています。以前あったような、遅刻をしてくるとか、さぼるとか、やる気がないとかそんな職員は一人もいません。

これはうちがPYPに取り組んだからです。もちろんまだ候補校の段階ではありますが、真剣に教育に携わりたいと思う外国人が採用を申し込んでくるようになりました。それ以外の外国人は、そもそも自分は採用されないと思って申し込んで来なくなるのです。これが認定校ともなれば、働いた人は少なくとも「PYPスクールで○年働いた」と自分の経歴書にかけるわけですから、更に良い先生を入れることが出来るようになります。
園児が少ない所にきて、人件費をかけるのは経営的にはつらいものですが、今は手を抜いてはいけないと思っています。今だからこそ、思いを貫いて、今ご通園いただいている皆さんと良い教育を作り上げる、それがすべて次につながると信じています。
新しい先生もまた運動会でお披露目出来ると思いますが、ぜひ声をかけてやってください。今後ともよろしくお願いいたします!

2015/09/13

春雄さんとの出会い

今日は春雄さんと二人で、車で1時間半ほどのとなり町まで農具の買い出しに行きました。なぜ僕が行くのかと言えば、それは、今度オープンするオーガニックファームをこの春雄さんにお願いした張本人が僕だからです。
この先、フィティアンガに来た人はおそらく必ず春雄さんに会い、しかもおそらくお世話になるのだと思います。春雄さんは福岡県出身、もともとは市役所の職員だったということですが、退職をしたのち、有機農業従事者に華麗なる転身をし、最終的には究極の有機農業を目指してこのニュージーランドに移住した方です。
 たまたまとある集まりで出会い、いっぺんにその「春雄ワールド」に引き込まれました。
野菜作り、さらには養鶏についてもプロであり、僕はお会いするたびに色々なことを教えていただいています。1年半前、うちの職員が来た時も、色々なことをみんな教えてもらいました。
今どき、「オーガニック」という言葉は、日本でも良く聞くようになりましたが、そのうちの大半は「なんちゃってオーガニック」だといいます。そもそも日本は「オーガニック」と名乗ることについて、その基準がとても曖昧なのです。
たとえば、農薬を使っているのに「その量が比較的少ない」というだけでオーガニックと言ったり、ひどい場合は「それがうちの店のコンセプトなんです」と意味不明なことをいってごまかす人もいます。お弁当に色々入っている素材のひとつだけがオーガニックだと全部まとめてオーガニックになったり・・・
僕は性格が悪いので、デニーズに行って「キウイフレッシュ」という飲み物をみても、「これはあたかも新鮮なキウイを今ミキサーで砕いた100パーセントジュース」のふりをしているだけで、100パーセントとか、搾りたてとか、そんなことは一言も書いてないぞ、と見つけてしまうんです。
僕たちがここで春雄さんの手を借りてやろうとしているのは、正真正銘の有機農業。種もオーガニック。ビニールハウスで苗を育て、農薬は一切使わず、畑は区画をローテーションで使う。ニワトリは放し飼いをし、そのえさも、あわやひえを栽培して用意します。手間はかかるかも知れませんが、それはチャレンジする価値があります。
 別に、農薬を使った食品を食べたら体に害があるとか、そういう迷信的なものに走っているわけではありません。
ただ、今の世の中は、特に食に関してあまりに「まやかし」「うそ」が多すぎると思います。新幹線の駅のホームに売っている「やわらかかつサンド」は、豚肉ではなく、色々なものを混ぜ合わせて作った形成肉なのに、それに気づかずに「これはやわらかいトンカツだ」と思って食べている人がいる。子どもになればなるほど、そういうことがわからない。それって、じゃあそういうことでいいのかな?って最近よく思います。
だから、この農場に来た時だけは、この農場で食べるものだけは、本当に自然の力で育ったものを、嘘偽りなく提供できると思っています。身体にいいとか、そんなの、有機栽培のトマトを一度食べたからとか、一度コンビニ弁当を食べたからとかで、何も変わるものではないし、それを言い出したら現代社会で食べていくことは恐らく不可能に近いし、すごいストレスになってしまうと思います。
病は気からです。そういうことに疑心暗鬼になる必要はまったくないと思いますが、日本からはるばるニュージーランドまで来てくれた子ども達、そしてご両親に、自然の力だけで育った食物を食べて、また農業体験をしてほしいと思って、その思いを春雄さんに伝えました。
 春雄さんは、「僕はもう歳だけれど、そういう使命を与えてくれるのなら人生をかけてがんばりたい」と言ってくださいました。
そして今、そのプロジェクトを、地域の色々な人が助けて下さろうとしています。畑を耕すトラクターを貸してくれる隣人(買うと高いんです!)、春雄さんとその奥さんのために畑の横にアパートを用意して下さる人、そして「うちの土地で良ければ使ってくれ」と差し出してくれた人・・・本当に多くの人が助けて下さいます。
また、春雄さんご夫妻について、またその他、フィティアンガの楽しい仲間たちを機会があるごとにご紹介させていただきたいと思います。
 ぜひ多くの人に来ていただきたいです!

2015/07/31

プレイグラウンド

日本は猛暑が続いているそうですが、僕は冬のフィティアンガから引き続きお便りです。冬と言っても、気温は10度くらいですが、こちらの人は寒い寒いと言っています。実際、この冬は平年より寒いという話も聞きます。僕はずっといるわけではないので比較出来ないのですが・・・
校舎の建築は順調に進んでいます。ニュージーランドは、新築の場合、工程ごとに役所の人が見に来て、進捗状況を確認し、約束通りに出来ているとなったらそこでサインをもらい、次の段階に進みます。
基礎が出来た、棟上げをした、壁を貼った・・・などなど、日本であれば、設計士か現場監督がチェックをしますが、こちらは役所がそのチェック機能を果たしてくれるので、素人の私たちも安心できるわけです。
当然のことながら、支払いもその段階ごとに請求書が届きます。実はこの2週間は壁を貼ることが出来なかったのですが、それはその下にくる柱の水分量(湿気)の数値が基準に達しておらず、役所からゴーサインが出なかったからです。
 いろいろな違いがあって、なるほどー、っていつも思います。

昨日から、現地の職員採用の面接が始まっています。明日は7名ですが、聞いてみると、インターネットで行った募集には、ニュージーランド国内はもとより、イギリス、フランス、アメリカからも申し込みがあったそうです。書類審査をへて、面接にたどりついた人はその一部ということになります。いい方にめぐり合えるといいなぁと願うばかりです。
それにしても、一日7人とか、8人とかの面接をするのは結構疲れます。以前聞いたことがあるのですが、オーディションには、7番目の椅子に座った人が選ばれる確率が高いという謂れがあると聞いたことがあります。理由は簡単で、10人いると、前半は「まだまだここで決めるわけにはいかない」となるのですが、後半に入ると審査する側も疲れてきて、また最初の3人くらいの記憶はうすくなり、まぁこの辺がいいかと思うのは7番目だという話です。だから、例えば、顔がそんなに可愛くなくても、偶然7番目の椅子に座った女の子はAKBでもSKEでも入れるというわけです。
面接する相手によっては、もっと話を聞きたいと思う人もいれば、最初のそれこそ1分で「これは違うな」と思うこともあり、それでも、同じ時間、いろいろ質問をしたり話を聞いたりしなくてはいけないのが・・・大変です。

さて、園庭のデザインにもとりかかっています。日本のサニーサイドのようなスペースはありませんが、天然素材にこだわった園庭を専門家の方のアドバイスを受けながら考えています。blog-imgまた、オフサイトキャンパスとして、車で15分ほどいった場所に、ファームを作ることにしています。その造成も明日から始まります。ファームは、完全有機栽培の野菜畑や、羊、ヤギ、ロバ、うさぎ、などなどの動物、ニワトリも100羽程度を放し飼いする予定です。blog-img日本からくる子ども達もきっと喜んでくれるだろうと、多くの方々が協力してくださいます。
面接を明日で終えて、金曜日は農場の用具やトラクターの買い出しに隣町まで行ってきます。

2015/07/29

ゴールドコースト

皆さんは夏休みいかがお過ごしでしょうか?私はニュージーランド校の開校準備の為に、オーストラリア経由でオークランドに向かっています。
なぜオーストラリア経由なのかというと、ひとつには日本からのニュージーランド直行便は、ニュージーランド航空しか飛んでおらず、夏休みに入り直行便は一気に予約が取れなくなってしまったということ(予約しようとしたのが間際だったので)、もうひとつは、うちのニュージーランド校のプロジェクトを一緒に手がけているビジネスパートナーの所有するチャイルドケア施設が2件、ゴールドコーストにあるからです。

いずれまた詳しくお話しすることになると思いますが、この親子留学推進プロジェクトの実施先は、ですので、ニュージーランドと、オーストラリアのゴールドコーストの2本立てで進められることになります。
ゴールドコーストは、僕ももうかれこれ30年前に一度来たきりで、殆ど初めてのようなものですが、ニュージーランドのフィティアンガと比較するとずいぶん都会というか、大きな街です。気候は冬でも割に暖かく、天気が良い日は、この時期でもジャケットは必要無いくらいです。フィティアンガも雪が降るような寒さではありませんが、そもそも緯度的に違いますので、やはり肌寒く、お天気もあまり安定しない感じですので、天候に関して言えば、日本の夏休みはゴールドコーストは良いかも知れませんね。

ニュージーランドであれば、やはり日本が寒い時期に来るのが一番おすすめです。行き先にどちらを選ぶかは、本当にいく人次第だと思います。選べるのは良いことです。
私たちは、とにかく行き先がどちらであれ、ちゃんと質の保証された教育機会と住環境をお世話するつもりでいます。フィティアンガ校の隣に語学学校があることはすでに紹介済みですが、ゴールドコーストも、ご兄弟やご両親がこの機会に合わせて英語を学びたいという希望がある場合、セットでご紹介出来るよう、Brownsというこちらでは”1st Class Language School”という触れ込みで有名な学校と今打ち合わせを始めています。Brownsは私のような訪問者を含め、建物に入ったら、英語以外の言葉は使用厳禁、話しているところを見つかるとイエローカードが出されて、それが2回でレッドカード、退学になるという、なかなか厳しい学校ですが、特に中高生や大学生などにはそれくらいしないと日本人は海外でもすぐに集まって日本語を使いますのでいけませんね。

宿泊先については、ニュージーランドもオーストラリアもホームステイもアレンジ可能ですが、家族でゆっくりしたいというのであれば、どちらの街もリゾート地ですので、家具やキッチンのついたコンドミニアムが多くあります。外食は高くつきますし、あまり子ども達が食べるものもないかも知れないので、自炊生活が個人的には良いかと思います。これらについても、現在ウェブサイトを作成中ですので、そちらでご案内してまいります。

それにしても、今回は、結構色々な人に「ニュージーランド校の開設準備で出かけてきます」と言ったせいか、また幼稚園も夏休みに入ったせいか、電話やメールの数がぐんと少なくなって、携帯のバッテリーが随分長持ちします。つい先週まではとにかく携帯のバッテリーが一日持たないので、いつも充電のことばかり気にしていて、この電話ももはや一年足らずで使えなくなってきているかと思っていましたが、減りが早いのはそれだけ使っているからだということが判明しました・・・

サニーサイドも夏休みに入り、Facebookも毎日更新ではなくなるかと思いますので、NZ校オープンに向けた色々な動きを何度かご報告しようと考えています。
以下、ゴールドコースト関連の写真を3枚ほど。blog-imgオーストラリアと言えばコアラですが、今や、コアラを抱っこして写真が撮れるのはゴールドコーストのあるクィーンズランド州だけだそうです。ぬいぐるみみたいでした。blog-img街で一番高いタワーの展望台に連れて行ってもらいました。刺激を求めている人には更に屋外のてっぺんをハーネスをつけて歩くというクレイジーなアトラクションがあるそうですblog-imgゴールドコーストの幼稚園の写真もいずれ用意しますが、とりあえず砂場の写真を。スタイルがあちらっぽくてかわいいですよね。

2015/07/25

とんだ夏祭りになってしまいました

言い訳はしません、すべては主催者である私の責任です・・・皆さんにはとんだ思いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
もう金曜日に順延を決めてからというもの、完全に油断していました。この園に勤めてもう15年以上経ちますが、こんな経験は初めてです。
おまけにうちは芝生方面の放送設備が整っておらず、連絡も十分に伝わっていなかったようで、ただただお詫びするばかりです。突然の雨で、思わず傘を持ちだしたら、職員に「園長先生、ここは、傘は無しで濡れていた方が・・・」と言われ、うん、それもそうやね、みなさんずぶ濡れなのに園長の自分が悠長に傘をさしている場合ではないなと・・・、普通にシャワーを浴びたような感じでしたね。
 皆さんがお帰りになった後、雨は上がりましたが、電源ケーブルの抜かれた状態のやぐらと提灯がさみしく取り残されていました。
せっかくでしたので、職員に声をかけ、残っていた役員さんのお子さんたちと一緒に盆踊りをしました。花火も、台にとりつけた状態で、どうしようかと今思い悩んでいます。
1学期最後の行事、予想外の幕切れにまだ気持ちの整理がつきませんが、改めてこういう場合の行事運営の難しさを感じています。今回は実にセンスのない判断をしてしまいました。
それにもかかわらず、朝から最後まで奔走して下さった役員のみなさま、そしてご家族のみなさま、本当にありがとうございました。また、危険を顧みず、時間に集ってくださった保護者の皆様、更には「先生たちが悪いのではない」とわざわざお声掛けいただいた方々、誠にありがとうございました。
こんなしまらない形で夏休みを迎えることとなりましたが、どうか、子ども達にとって思い出深い日々となりますよう、お祈りしております。私は夏休みを利用し、ニュージー校の開校準備に行ってきます。またあちらから色々ご報告いたします。
本日は誠にありがとうございました。

blog-imgblog-img

2015/07/19

CONTACT US お問い合わせ

お電話またはメールにて
お気軽にお問い合わせいただけます。
058-241-1000 受付時間:平日9:00~17:00

2020 © sunnyside-international